横浜市で新築の戸建てを売ったらいくらになる?賃貸に出したら家賃は?

ローンを組んだ後の生活

 

「今住んでいる家って、いくらで売れるんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?

 

この記事では、自分が住んでいる家の売却価額を見積る方法をお伝えします。

 

 

不動産会社に査定の見積もりを依頼する

 

家を買ってから1年が経ち、ふとした疑問が生まれました。

「もし今、家を売ったらいくらになるのかな?」

 

疑問が生まれたら即、行動。

ということで、不動産会社に見積りを出してもらうことにしました。

 

今回見積もりを依頼した不動産会社は、住友不動産販売さんです!

選んだ理由は、家にチラシが投函されていたから

それだけの理由です。

 

実際に家を売りたいと思った場合は、さまざまな不動産会社から相見積もりを取ると思いますが、

今回はお試しなので、住友不動産販売のみのご報告です。

今回の結果次第では、そのほかの不動産会社に依頼してみようと思います。

 

物件の条件

 

それでは、見積もりを依頼した物件の条件を簡単にご紹介します。

 

・木造2階建て(居住用)
・築年数1年6か月
・建物28坪
・土地40坪
・最寄駅からバス
若干わかりづらいかもしれませんが、わが家のスペックは大体こんな感じ。
エリアは横浜市です。

査定の結果【売却した場合】

見積もり依頼のFAXを送信して、数日後に不動産会社からメールが送られてきました。

PDFファイルに査定の内容が記載されているとのこと。

 

そのPDFファイルがこちらです。

ご所有不動産の売却に関する提案書。

 

 

気になる査定額は…

 

おお、4,000万オーバー!

(※数字は特定防止のため少しだけ変更して掲載しています。あくまで参考としてお考えください。)

 

購入したときの価格には及びませんが(当然)、予想よりも高い!

ちなみに購入した時の金額は、建物+土地+外構工事等で4,500万円程でした。

 

当然ここから値引きやら仲介手数料等が引かれるので、この金額が手元に残るわけではありませんが予想よりも高い査定金額に大満足でした。

不動産会社へ支払う仲介手数料は?諸費用は?

不動産会社に売買を仲介してもらう場合、売り手側にも仲介手数料が発生します。

 

今回依頼した不動産会社の場合、仲介手数料は次のとおりの計算式でした。

仲介手数料(成約価格×3%+60,000円)

 

さらに、ここに消費税がかかってきます。

 

(例)4,000万円で売却できた場合。

4,000万円×3%+60,000円=1,260,000円

 

見積もりを依頼したときは消費税が8%だったので

1,260,000円×1.08【消費税】=1,360,000円

 

となります。

不動産の売買というだけあってなかなか高い気もしますが、プロに任せなければ不動産の売買などできないので仕方ありませんね。

 

諸費用としては、

・建物の売買契約書に貼付する印紙代(1万円)

・登記の抹消費用(4万円)

以上の計50,000円が別途必要になるとのことでした。

 

 

査定の結果【賃貸に出した場合】

住友不動産売買さんの良いところは、売買だけでなく、賃貸に出した場合の見積もりも同時にやってもらえるところです。

急な転勤などで、家を空けることになったときのことを考えて家賃の査定を依頼してみました。

 

査定額は、以下のようになりました。

(※数字は特定防止のため少しだけ変更して掲載しています。あくまで参考としてお考えください。)

近隣の相場を勘案した結果、毎月105,000円~130,000円で貸し出せるとのこと。

毎月のローンの返済額+固定資産税+団体信用生命保険を加味すると、毎月120,000円かかっている計算なので、査定額とほぼ同額ですね。

よほどの好条件で借り手が見つからなければ黒字になることはなさそうです。

 

査定の結果を見るうえでの注意点

査定はあくまで査定なので、実際は金額が変動することもおおいにあり得ます。

不動産会社に勤務する知人いわく、

不動産会社の中には、査定の時点では、顧客の望むであろう金額を提示するために査定の金額を若干多く見積もる場合もあるそうです。

 

査定の金額を期待しすぎて行動するのは少し注意が必要ですね。

 

まとめ

注文住宅を購入して1年経った家を査定に出した結果わが家の場合は次のような結果になりました!

売買の場合 ⇒ 購入価格×90%くらいの査定額。

賃貸の場合 ⇒ 毎月のローンの返済額+固定資産税+保険料と同額ぐらいの家賃。

 

利益がでるということはありませんが、想像したよりかは嬉しい結果となりました。

 

実際に家の売買や賃貸を検討している人にこの記事が役立てば幸いです。

こちらのホームページでは、あらゆる条件の不動産の売却額が簡単にわかるのでオススメです。

▼商品名を押すと商品の購入ページへ行けます
ローンを組んだ後の生活
ぺんぺんをフォローする
20代で家を買って自由になった

コメント