【ギガホ】docomo新料金プランのデメリットは?本当に安くなるのか計算してみた

ローンを組んだ後の生活

 

docomo値下げ

NTTドコモは415日、従来よりも割安の新料金プランを61日から導入すると発表した。値下げ幅は利用状況で異なるが、大半が24割の大幅値下げになるという。

(2019/4/16『東洋経済オンライン』より引用)

docomoの新料金プランは旧プランに比べてどう変わるのか、変更したら本当に安くなるのか。

検討してみました!

 

新料金プランと旧料金プランの比較

一言で言うと、

・ 料金プランが超絶シンプルに
・ 従来よりもデータ通信料金が安くなる

 

データ通信料金とは、

家族で○G(ギガ)までで○円というアレです。

 

新料金プランでは、

家族でギガを分け合うのではなく、

11人が次の2つからプランを選ぶ形になります

「ギガホ」「ギガライト」です。

ギガホ

・月30Gまで使い放題。30G超えてもネットサーフィンは余裕の通信速度。
・月々5,980円

 

ギガライト

・段階に応じて使い放題。
・料金は以下のとおり

 

( docomo公式HPより引用URL:https://www.nttdocomo.co.jp

通話料金プランが値下げ

旧プランでは、

カケホーダイ(無制限)2,700円

カケホーダイライト(5分まで無料)1,700円

シンプルプラン(家族間は無料それ以外はかけた分だけ料金がかかる)は980円

 

新料金プランでは

さっきのギガホorギガライトにオプションでカケホーダイかカケホーダイライトを付けるという形になります。

カケホーダイ(無制限)1,700円

カケホーダイライト(5分まで無料)700円

シンプルプラン(家族間は無料それ以外はかけた分だけ料金がかかる)は標準仕様なので0円!

通話料金が月1,000円安くなるということですね。

 

さまざまな割引特典がある

さらに!

割引特典がたくさんあります!

 

家族でdocomoを利用すれば割引

みんなdocomo割

2回線=家族2人がdocomo⇨1人につき540円割引

3回線以上=家族3人以上がdocomo⇨1人につき1,080円割引

 

docomo光の回線を使っていれば割引!

家のインターネット回線がdocomo光であれば割引があります。

1人につき1,080円割引。

 

キャンペーン割引

ギガホを選んだ方は最初の6ヶ月間は

1人につき1,080円割引

 

ギガホ、ギガライトのデメリットは?

デメリットに関しては今のところ無いです。

強いて挙げるとすれば、今使ってる料金プランが2年契約のものであれば解約料(9,500円)がかかるところです。

まあ月々の料金が安くなるのであれば十分元は取れるので、6月の新料金プラン開始の時点ですぐにでも変えた方がいいと思われます。

 

果たして本当に安くなるのか

シュミレーションの手順と結果を発表します!

 

今までの料金プランの料金

新しい料金プラン

シュミレーションの結果、月々3,000円〜4,000円安くなりました!

新料金プランすごいです。

内訳は以下のとおり

①夫のプラン詳細

ギガホ(月々30G)

通話オプションなし(家族間のみ無料でそれ以外はかけた分だけ)

 

②妻のプラン詳細

ギガライト(月々7Gまで)

通話オプションカケホーダイ

③ドコモ光

 

 まとめ

新料金プランのギガホとギガライトはかなりお得なプランのようです。

旧料金プランだと家族で5Gまででしたから…。

これが実質使い放題で料金まで安くなるなら、やらない手はないと思います。

携帯電話の料金は固定費の中でも住宅ローンの次に大きな出費だったのでこれを機に大幅に削減できそうです。

▼商品名を押すと商品の購入ページへ行けます
ローンを組んだ後の生活
ぺんぺんをフォローする
20代で家を買って自由になった

コメント